読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リチャードソンジリスとその生態

リチャードソンジリスの生態についてではないです。文筆家を目指す僕について。

小説家の適性

小説家になりたい、小説家になりたいって言っていても何も行動を起こせないでいた。

だから少しでも夢に近づくためにブログを書くことにしている。

最近読み直した砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない。最初から希望なんてなかったような話だった。僕はこの本を二度読んだ。一度目も感じることはあった。それでも拙い当時の頭では、軽く読んで終わりだった。

二度目はつい先日に読んだ。そのときには読み方が変わっていたことに少し気付いた。それが読者目線からこういう表現もあるのかという作家志望目線になっていた。

まるで受験の現代文をやっているかのように、登場人物と作者の技術に着目していた。

これでは純粋に作品を楽しめなくなってしまうかもしれない。悲しい。